暴力団離脱! 新しい人生を



離脱!新しい人生を

暴力団対策法では、指定暴力団員による組抜けの妨害等次のような行為を禁止しています。

1 暴力団への加入の強要・勧誘行為
「組員になりたくない」旨、電話で告げたら・・・

今さら、なに言うとんや。ヤクザになったら外車に乗れるし、お金も自由や。一生、楽して暮らせるで。それに、お前になんぼカネかけたと思うとんや。今ごろ、そんなこと言うんやったら、お前追い込みかけなあかん。親兄弟や女のところへも追い込みかけるで。その覚悟できとんやろな。
   加入強要行為   
      

2 暴力団への加入の強要・勧誘行為
「離脱したい」旨、電話で告げたら・・・

なに言うとんや。電話で簡単に「はい、そうでっか」という問題と違うで。お前は、盃の重さをどない考えとんじゃ。とにかく、事務所まで来て話をせえや。そのときにちゃんとケジメつけたらええんや。

   脱退妨害行為   
  

3 家族などに対する暴力団からの脱退妨害行為
家族が「どこにいるか知りません」と告げたら・・・

ほんまか、あいつは、組から逃げよったんや。すぐ連絡とられへんかったら、どないなるか分からへんで。出て来よるんやったら今のうちや。早よ、連絡とって事務所に来るように言え。
   脱退妨害行為  
  

4 指詰めの強要行為
組員が「へた打ち」したことについて

お前、自分が何をしたんか分かっとんのか。親分の顔を潰したんやで。ちゃんとオトシマエをつけんかい。ケジメをつけんかい。ケジメだけは、取ってもらわんとな。お前もヤクザの端くれや。ケジメの付け方ぐらいは、分かっとるやろ。
   指詰めの強要行為    
  

5 少年に対する入れ墨の強要行為
少年に入れ墨を強要

痛いのは初めのうちだけや。友達に見せたらメッチャ格好ええで。これ入れたら、お前も一人前の極道や。わしらの世界でも、大手を振って歩けるがな。どや、今から行くか。もう電話しとるんや。俺の顔を潰すようなことは、すんなよ。
   入れ墨の強要行為   



TOP暴力追放運動推進センターの主な活動暴力団対策法第9条で禁止している行為暴力団員等に対する基本的応対要領 ■ 賛助会員募集中! ■ 会員専用ページ
(公財)香川県暴力追放運動推進センター
香川県高松市磨屋町5番地9 プラタ59ビル7階 TEL.087-837-8889 FAX.087-823-2303